嵐山通船

嵐山の屋形船

Yakata-bune of Arashiyama

cormorant fishing
嵐山の鵜飼
cormorant fishing
嵐山の鵜飼
cormorant fishing
嵐山の鵜飼
京都嵐山

嵐山の鵜飼

「嵐山の鵜飼」は、鵜匠が風折烏帽子(かざおれえぼし)に腰みのの昔ながらの装いで船上から手綱を引き、数羽の海鵜を飼いならして鮎などの川魚をとる伝統的な漁法で、その歴史は古く嵐山の鵜飼は千年の昔から行われていました。

鵜飼の歴史

在原業平の詠んだ「大堰川うかべる舟のかがり火にをぐらの山も名のみなりけり」の歌にもあるように、平安時代にはすでに行われていたことがわかります。日本書紀』神武天皇の条に「梁を作つて魚を取る者有り、天皇これを問ふ。対へて曰く、臣はこれ苞苴擔の子と、此れ即ち阿太の養鵜部の始祖なり」と、鵜養部のことが見え、『古事記』にも鵜養のことを歌った歌謡が載っています。

織田信長は長良川の鵜飼を見物し、鵜飼それぞれに鵜匠の名称をさずけ鷹匠と同様に遇し、1戸に禄米10俵あて給与し、徳川家康は鵜飼いを見物した際、石焼きの鮎に感賞して毎年鮎を献上するのが例となり、鵜匠21戸に戸ごとに10両の扶持を給せられました。

鵜飼漁で獲れる魚には傷がつかず、鵜の食道で一瞬にして気絶させるために鮮度を保つことができます。このため、鵜飼鮎は献上品として殊のほか珍重され、安土桃山時代以降は幕府および各地の大名によって鵜飼は保護されていきました。その一方で、鵜飼は漁獲効率のよい漁法ではないため、明治維新後に大名等の後援を失った鵜飼は減少していき、現在は数えるまでにその規模を縮小しています。現在の鵜飼は漁による直接的な生計の維持というよりは観光事業として行われています

漁法

鵜匠の手につながれた6羽の鵜は、舵子のかいの音に反応して身を翻し水面の上と下を行ったり来たりして、水中に潜って鮎など川魚を捕まえます。鵜匠は鵜が口に魚をくわえたところで手綱を引き寄せ、喉をつまみ白く光る魚を次々吐き出させます。

鵜飼いでは、平底の小船の舳先で焚かれるかがり火が、照明のほかに魚を驚かせる役割を担っています。かがり火の光に驚き、動きが活発になった魚は、鱗がかがり火の光に反射することで鵜に捕えられます。鵜の喉には紐が巻かれており、ある大きさ以上の魚は完全に飲み込むことができなくなっていて、鵜匠はそれを吐き出させて漁獲します。紐の巻き加減によって漁獲する魚の大きさを決め、それより小さい魚は鵜の胃に入ります。しかし、鵜飼いの鵜にいつものどに紐をまいて漁をしていると鵜はだんだんやる気をなくしていってしまうため、鵜匠は鵜にも休暇を与える必要があります。
鵜飼いに使われる鵜は海鵜であり、嵐山鵜飼では、茨城県で捕獲された海鵜を使用しています。
嵐山鵜飼い見物船では平安時代にさかのぼる由緒正しき鵜飼いを船上から見ることができます。太鼓の音を鳴らしながらかがり火を灯した鵜飼船が近づいて来てくれるので、鵜が漁をする様子や鵜匠の手綱さばきも近くで見る事が出来ます。船上での鵜飼い見物は平安貴族の風雅な趣そのもので、景勝地ならではの醍醐味です。

嵐山夏の風物詩

「鵜飼 -Comorant Fishing-」

毎年行われる嵐山の夏の風物詩です。
歴史は古く嵐山の鵜飼は千年の昔から行われていました。
かがり火の中、屋形船から嵐山の夜景と鵜飼を楽しんでいただけます。

乗合船(※予約はお受けしておりません)

開催期間:7月1日〜9月23日 (8月16日は貸切船のみの運航の為、乗合船の出船はございません)
所要時間:約60分
出船時間:7/1〜8/31 19:00と20:00の2回 9/1〜9/23 18:30と19:30の2回
乗船料金:大人1,800円 小人(4歳〜12歳)900円 幼児(3歳まで)無料
予約受付:団体様のみご予約受け付けております。
7、8月の当日券 19:00の船は18:00から、20:00の船は19:00の船が出てから販売となります。
9月の当日券 18:30の船は18:00から、19:30の船は18:30の船が出てから販売となります。
ご希望の乗り場にて、乗船券をお買い求めください。
*浴衣着用の方に限りオリジナルあぶらとり紙を進呈します。

宮廷鵜飼船(※当日9時よりのみ予約受付)

源氏物語千年紀記念『平安王朝 復元宮廷鵜飼』
所要時間:約1時間(※食事持込み不可)
出船時間:7/1〜8/31 20:00 9/1〜9/23 19:30(8月16日は貸切船のみの運航の為、宮廷鵜飼船の出船はございません)
乗船料金:大人2,100円 子供(4歳〜12歳)1,050円 幼児(3歳まで)無料
乗船人数に限りがございますので事前にお問い合わせ下さい。
協力:京都市観光協会・嵐山保勝会
貸切船(予約制)
乗船時間:7月・8月は19:00〜21:00の間、9月は18:30~20:30の間で、2時間以内で設定して頂けます。
小船10名乗り 40,000円
中船15名乗り 52,000円
大船20名乗り 70,000円
※お食事の持込み可能です。お持込の場合は、ご予約の際にお申し付けくださいませ。
※カセットコンロ等、火の出る物のお持込は不可です

食事付き鵜飼見物船 10名様以上貸切(予約制※5日前までにお願い致します)

屋形船の中でお食事をしながら、鵜飼をご覧いただけるプランです。
飲物別途(持込みOK※火の出る物のお持込は不可です)
乗船時間:7/1〜8/31 19:00〜2時間 9/1〜9/23 18:30〜2時間
乗船料金:7,500円(乗船料金、食事料金込み)
予約受付:10名様よりご予約受け付けております。5日前16時までご予約可能です。

【嵐山熊彦】鵜飼弁当 7,500円(木曜日定休)

【一休】大堰川御膳 7,500円(木曜日定休)

【松尾川よし】すき焼き 7,500円

【松尾川よし】鮎塩焼き弁当 7,500円

【鰻屋きゃんでぃ】宴弁当7,500円(火曜日定休)

団体割引はございません。料理の内容が変わることがあります。鵜飼中止の場合は、食事の内容および場所の変更あり

「京料理 一休(木曜定休)」「嵐山 熊彦(木曜定休)」「鰻屋きゃんでぃ(火曜定休)」

嵐山通船

嵐山の屋形船

Yakata-bune of Arashiyama

ご予約・お問い合わせ

(075)861-0302

受付時間 午前9時〜午後4時

© 2019 嵐山の屋形船