嵐山通船

嵐山の屋形船

Yakata-bune of Arashiyama

Spring
京都嵐山
Summer
京都嵐山
Autumn
京都嵐山
Winter
京都嵐山
京都嵐山

喧噪を離れ、川へ。

船頭が竹竿で操る貸切屋形船で、

或いは青いレンタルボートで、

嵐山で過ごす一時をお楽しみ下さい。

渡月橋の袂から水辺を行くと、間もなく船乗り場へたどり着く。

船で川を上流へ進むにつれて、その景色は嵐山の原風景へと近づいていく。

船頭が竹竿で操る貸切屋形船で、

或いは手漕ぎの青いレンタルボートで、

嵐山で過ごす一時を、大切な人とお楽しみ下さい。

お知らせ

  • 5月23日より営業再開致しました。
  • 受付窓口に消毒液を設置しております。
  • 現在貸切のみでご乗船頂いております。
  • 7月1日~9月23日 夜間に嵐山鵜飼開催予定です。
  • 2020年5月23日より営業再開致しました。
  • 受付窓口に消毒液を設置しております。ご自由にご利用ください。
  • 現在貸切のみでご乗船頂いております。他のお客様との乗合はございません。
  • 7月1日~9月23日 夜間に嵐山鵜飼開催予定です。

屋形船の歴史

屋形船

嵐山渡月橋上流一帯を大堰川(おおいがわ)と言います。

834年頃、法輪寺道昌が大堰を築造するまでは葛野川と呼ばれていました。

最初のお船遊びは醍醐天皇(898年)頃と言われており、以後度々行われてきました。
昭和3年より車折神社が『三船祭』と称してこれを再現し、現在も営まれるようになりました。
また、夏の風物詩である嵐山の鵜飼は清和天皇(849~880)に宮廷鵜飼が行われたのが始まりで、徳川時代に途絶えましたが昭和25年再興され現在に至っています。

嵐山通船

嵐山の屋形船

Yakata-bune of Arashiyama

ご予約・お問い合わせ

(075)861-0302

電話受付時間 午前9時〜午後4時

© 2019 嵐山の屋形船