嵐山通船

嵐山の屋形船

Yakata-bune of Arashiyama

Spring
京都嵐山
Summer
京都嵐山
Autumn
京都嵐山
Winter
京都嵐山
京都嵐山

喧噪を離れ、川へ。

船頭が竹竿で操る貸切屋形船で、

或いは青いレンタルボートで、

嵐山の景色をお楽しみください。

船頭が竹竿で操る貸切屋形船で、

或いは手漕ぎの青いレンタルボートで、

水上から嵐山の景色をお楽しみください。

お知らせ

9月1日~9月23日の営業について

  • 12:00-17:00まで屋形船の遊覧と手漕ぎボートの貸し出し。
  • 18:00より鵜飼見物船の受付開始。
  • 屋形船の遊覧は貸切のみ、鵜飼見物船の当日分は乗合船のみです。

鵜飼見物船について

  • 9月23日まで毎晩開催。
  • 出船時間(18:30/19:30)
  • 乗合船当日券(1,800円)は18:00より乗り場にて販売。
  • 乗合船の定員人数は通常より少なく設定しています。
  • 食事付または1隻貸切は事前予約のみ。

※9月24日より営業時間9:00~16:00

9月1日~9月23日の営業について

  • 12:00-17:00まで屋形船の遊覧と手漕ぎボートの貸し出し。
  • 18:00より鵜飼見物船の受付開始。
  • 屋形船の遊覧は貸切のみ、鵜飼見物船の当日分は乗合船のみです。

鵜飼見物船について

  • 9月23日まで毎晩開催。
  • 出船時間(18:30/19:30)
  • 乗合船当日券(1,800円)は18:00より乗り場にて販売。
  • 乗合船の定員人数は通常より少なく設定しています。
  • 食事付または1隻貸切は事前予約のみ。

※9月24日より営業時間9:00~16:00

屋形船の歴史

屋形船

嵐山渡月橋上流一帯を大堰川(おおいがわ)と言います。

834年頃、法輪寺道昌が大堰を築造するまでは葛野川と呼ばれていました。

最初のお船遊びは醍醐天皇(898年)頃と言われており、以後度々行われてきました。
昭和3年より車折神社が『三船祭』と称してこれを再現し、現在も営まれるようになりました。
また、夏の風物詩である嵐山の鵜飼は清和天皇(849~880)に宮廷鵜飼が行われたのが始まりで、徳川時代に途絶えましたが昭和25年再興され現在に至っています。

嵐山通船

嵐山の屋形船

Yakata-bune of Arashiyama

ご予約・お問い合わせ

(075)861-0302

電話受付時間 午前9時〜午後4時

© 2019 嵐山の屋形船