京都嵐山で屋形船を楽しむ<嵐山通船>

屋形船の歴史

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA嵐山渡月橋上流一帯を大堰川(おおいがわ)と言います。

834年頃、法輪寺道昌が大堰を築造するまでは葛野川と呼ばれていました。

最初のお船遊びは醍醐天皇(898年)頃と言われており、以後度々行われてきました。
昭和3年より車折神社が『三船祭』と称してこれを再現し、現在も営まれるようにな
りました。
また、夏の風物詩である嵐山の鵜飼は清和天皇(849~880)に宮廷鵜飼が行われたの
が始まりで、徳川時代に途絶えましたが昭和25年再興され現在に至っています。

トピックス

  • eyecatch1

    ※幼児1名様より料金が発生いたします。 ※年中無休(但し12/31・1/1は休業) 大雨・増水・強風の場合は欠 …

    屋形船の楽しみかた

  • eyecatch4

    食事付き遊覧船(2名様以上プラン)のご案内 ~京都・嵐山 屋形船で食事をしながら嵐峡を満喫~ 【乗船時間】1時 …

    食事付き

  • eyecatch6

    ご予約・お問合せ TEL(075)861-0302 FAX (075)865-1355  嵐山通船株式会社 京都市西京区嵐山中尾下町14-4 …

    予約・アクセス

  • eyecatch5

    嵐山・桜の春 嵐山・新緑の初夏 嵐山 紅葉の秋  嵐山・冬の雪景色 嵐山・夏の風物詩「鵜飼」 それぞれの季節をお楽しみください。  

    嵐山の四季

  • eyecatch3

    大堰川に縁のある祭事・イベントを集めております。 <若鮎祭>6月第2木曜日:保津川の鮎の解禁にちなみ、嵐山の新緑の下、 …

    嵐山歳時記

  • eyecatch2

    「鵜飼」は、鵜匠が風折烏帽子(かざおれえぼし)に腰みのの昔ながらの装いで船上から手綱を引き、数羽の海鵜を飼いな …

    嵐山の鵜飼