嵐山通船

嵐山の屋形船

Yakata-bune of Arashiyama

home ≫ よくある質問

よくある質問

屋形船・ボートの乗船について、よくいただくご質問です。 その他のお問合せについてはこちらのメールフォームまたは電話にてご相談ください。
30分遊覧の当日受付分は定期便ではなく、お客様が来られる度に随時出船しています。事前予約の際も、ご希望の時間に空きがあれば予約を承ります。
7月1日~9月23日開催の鵜飼見物船のみ、定期便となっております、
鵜飼見物船の乗合船は10人から受付しています。10人以下で乗船する場合は、当日18:00より乗船受付を行っていますので、直接船乗り場へお越しください。
小雨程度であれば、透明のビニールシートを垂らして吹き込みを防いで運航します。風が強い時はやむを得ず営業中止と判断せざるを得ない場合もあります。
船に毛氈を敷いているので床にはおろせませんが、ケージやペット用バッグ等、「何かに入った状態」であれば乗船を認めています。中型犬、大型犬の場合は、船の板間に乗っておとなしく待つことができるなら乗船は可能です。

また、当日受付の30分遊覧では混雑時に乗り合いに切り替えている場合があります。その際はワンちゃんを連れての乗船はお断りしているので、1時間貸切(持込可)か、食事付き貸切船で事前に予約していただくことをおすすめしております。

売店船(琴ヶ瀬茶屋)は不定休で営業しておられるので、売店船が出るかどうかはお約束できません。出会えるかどうかは屋形船に乗ってみてからのお楽しみ、と思って、ぜひご乗船下さい。
京都府に確認したところ、緊急事態宣言(または蔓延防止措置)下でも、お客様の持ち込み行為は制限を受けないとご回答いただきました。ご自由にお持ち込みください。
屋形船には椅子を入れられないので、床に座って乗船することができない方の場合は乗船が難しいかもしれません。座布団を重ねて少しかさ上げする程度であればご対応可能なので、船乗り場の窓口でお申し付けください。
春から秋の間は囲いの無い船ですが、冬季は壁と窓を組み、船内で暖房を焚いた暖房船として運航しています。冬の嵐山散策のランチは、暖房の効いた食事付き貸切船(要予約)でお楽しみください。
春は3月末・秋は11月末が嵐山の絶景と混雑のピークで、午前11:00頃から人出が多くなります。屋形船も春・秋は乗り合いに切り替える場合があるので、混雑を避けたい方、貸切での乗船を強く希望される方には、なるべくお早目にお越しいただくようにおすすめしています。渡月橋周辺は歩道・車道共に交通規制がかかる場合もあります。
1年先までご予約を受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。

エンジンの無い船を船頭が竹竿で川底を突きながら動かすので、屋形船はゆったりと動きます。幼稚園の遠足などでもご利用いただいているので、お子様の乗船も問題ありません。法律上、ライフジャケットの装着はお客様の任意となっておりますので、もしご不安であればライフジャケットの装着をお申し付けください。

同時に出船できる最大人数は、20人乗り×10隻程度で約200人です。
校外学習・遠足・修学旅行等でも毎年ご利用いただいております。